BLOG

月下美人

2017.01.12

IMG_6721 - コピー

四季折々に咲く花の、美しい色や形に心ひかれたり、

身近に棲む野鳥の複雑に輝く羽模様に感銘を受けることがあります。

その魅力の一つ一つを、岩絵の具で日本画として表現できたら嬉しいです。

(日本画クラス Kさん)

カテゴリ:絵画教室

明けましておめでとうございます

2017.01.04

img_5893-2

2017年、明けましておめでとうございます。

本年も皆さんお元気で、アトリエ・フロイデンで沢山の絵画・陶芸の傑作が生まれますよう。

コツコツ頑張っていきましょう!

カテゴリ:日常

菖蒲

2016.12.27

img_6718-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

尾形光琳になったつもりで、楽しく描きました。

(日本画クラス Tさん)

カテゴリ:絵画教室

沙羅(夏椿)

2016.12.18

img_6717-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

京都大徳寺、真珠庵。

みどりの毛せんを敷き詰めたような、苔庭に、たった一日の命の沙羅の花は朝の露に濡れ、

みどりの苔の上で舞っているようだ。

お茶会の次席を待つ寄り付きの人々の視線は、白い花へと流れていたようだ。

懐紙を出して思わずスケッチ。十数年前の小さな懐紙の絵を本画としたが、

体調をくずした今は、あのみずみずしい苔庭は表現出来なかった。

お茶会と共に忘れがたい最後の作品です。

(日本画クラス Oさん)

カテゴリ:絵画教室

浅春(朴の大樹)

2016.12.08

img_6715

初めてのスケッチに参加したのは、山田広国寺。

お寺の建築物など描けるどころではない。

本堂脇に堂々とそびえている朴の大樹が、眼に飛び込んだ。

夢中でスケッチ。本画にしたいがバックが広すぎ、

先生のアドバイスで広い畑を探し求めて、相模原で広々と多摩丘陵まで続いている風景に出会い、

やっと出来た作品。

数年前にこの場所を通ったが、すっかり住宅街となり、この風景は見られなかった。

(日本画クラス Oさん)

カテゴリ:絵画教室

染付唐草紋盛皿

2016.11.29

2015-39-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

磁器と染付が好きなNさん。仕事がとっても丁寧です。

「ロクロを挽く作業が一番好き!」なだけあって、集中力が素晴らしいのです。

講師の花原は長年、磁器の仕事をしてきましたから、いっぱい利用してくださいね。

(土曜陶芸クラス)

カテゴリ:陶芸教室

染付鉢「トリスリと花」講師 花原ひろこ作

2016.11.22

2015-38-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

トリスリは、ネパールを流れる川。

昔、友人S氏が企画してくれた旅行で体験したラフティングは、楽しい想い出。

玉ぶちの鉢で、形も絵も気に入っています。

(木曜・土曜陶芸講師 花原ひろこ)

カテゴリ:陶芸教室

青磁釉の葉皿

2016.11.18

2015-33

ウンベラータの大きな葉っぱが手に入ったので、オードブル皿を作成。

青磁釉が美しく発色しました。Eさん作。

※鉄分を微量に含んだ釉薬を還元焼成すると緑色に発色します。

酸化焼成した場合は黄色く発色。おもしろいです。

(木曜陶芸クラス)

カテゴリ:陶芸教室

灰釉の葉皿

2016.11.08

2015-31

灰釉が見込みに流れたまって、変化を出しています。

「生徒展で知らない方が買って行ってくださいました。」

そういうときって、本当にうれしいですよね。

Sさん。

(木曜陶芸クラス)

カテゴリ:陶芸教室

線模様の鉢

2016.11.01

%e7%b9%94%e9%83%a8%e9%a3%9b%e7%b4%8b%e9%89%a2%e3%80%80%e6%be%a4%e7%94%b0

街で見かけた器にヒントを得たもの。

細い線に織部釉を飛ばした感じがおもしろい作品です。

Sさん作。

(木曜陶芸クラス)

カテゴリ:陶芸教室

ゼフイランティスとハナトラノオ

2016.10.25

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

爽やかで涼しげな緑と白の作品です。

ゼフイランティスは庭で控えめに咲く楚々とした花ですが、

こうして描いてもらえると花も嬉しげです。

(水彩で花を描くクラス)

カテゴリ:絵画教室

ジニア、クイーンレッドライムとライム

2016.10.20

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

庭のジニアをお教室でYさんが描きました。

ちょっと変わった色ですが、描くのは楽しいです。

ピンクの色味に緑が入ってつぼみの感じも面白い。

ライムは夏にさっぱりと涼しげです。よく観察して色味も工夫しました。素敵な夏の思い出ですね。

良く描けています。

(水彩で花を描くクラス)

カテゴリ:絵画教室
20 / 31« 先頭...10...1819202122...30...最後 »

ページの先頭へ